Return to site

readyforに登録しましょう!

国内最大のクラウドファンディングサービスreadyforへの会員登録方法をご紹介します。

· クラウドファンディング,readyfor

こんにちは、市川です。

readyforへ掲載中のプロジェクトですが、残り30日を切り、支援額が目標額の60%を超えました

ご支援頂きまして、ありがとうございます。

readyfor上のプロジェクトへ支援するには、readyforに会員登録する必要があります。今回は会員登録から支援するところまでの方法を簡単にご紹介できればと考えています。

会員登録

PCサイトからですと、サイトの右上に「新規登録」というボタンがありますので、ここを押します。

スマホサイトの場合は、このボタンがありません。。。

なので、右上の「ログイン」ボタンを押しましょう。

スマホサイトのログイン画面です。上部に「アカウントをお持ちでない方はこちら」とあります。

ここを押すと、登録画面に移動します。

会員登録の方法は、2つあります。

1つは、赤枠のアカウント情報の部分を入力して登録する方法、

もう一つは、青枠のボタンからFacebookアカウントと連携して登録する方法です。

Facebookアカウントをお持ちの方は、Facebookアカウントと連携されたほうが登録がとても簡単です。

簡単なFacebookアカウントでの登録方法からご説明します。

上記のようなFacebookページに遷移します。Facebookにログインしていない方は、Facebookにログインしてから表示されます。

画面下の「ログイン」ボタンを押すだけで、登録が完了します。

この場合は、Facebookに登録しているあなたの名前やメールアドレスがreadyfor上に渡されて登録されるため、readyfor上でのアカウント情報の入力が不要となります。

ログインパスワードなどの情報を新たに覚える必要がないため便利ですね。(もちろん、Facebookへのログイン情報がreadyforに渡るわけではないので、安心してください。)

先程の画面に戻りますが、Facebookのアカウントがない方は、赤枠の部分を入力して、「アカウントを作成」ボタンをおしてください

readyforからあなた宛にメールが届きます。

あなたが入力したメールアドレスが正しいアドレスかどうかを認証します。

メール文中にあるURLをクリックすると、会員登録が完了します!

プロジェクトを支援する

いよいよここからプロジェクトのリターンを購入するフローになります。

まずは支援したいプロジェクトページを表示します。

スマホサイトだと、ページの下のほうにリターン購入ボタンがあります。

購入したいリターンを選んで、該当リターンの「購入」ボタンを押しましょう!

PCサイトの場合は、リターンのメニューは、プロジェクトページの右側に縦に並んでいます。

購入ボタンを押すと、該当リターンの左側に購入個数が表示されます。

この画面では、全てのリターンが表示されます。あとからこれも欲しいというのがあれば、個数を増やすだけで追加購入できます。

そのまま画面を下に移動すると、決済方法を選択する画面が表示されます。

上記赤枠の部分でクレジットカードか銀行振込かを選択します。

※銀行振込の場合は、1万円以上のリターンでないと選択できないのでご注意ください。

クレジットカードを選択した場合は、青枠部分のカードブランドを選択しましょう。

最後に緑枠の「次に進む」ボタンを押します。

下の画面、ちょっと長いです。。。

上部はクレジットカードのカード情報を入力するエリアです。

その下は、リターンのお届け先住所を入力するエリアです。

※住所宛にリターンを送らないものを選んだ場合は、この住所を入力する欄は表示されません。

「次に進む」を押すと、確認画面が表示されます。

確認画面では、応援メッセージを書く欄があります。何も書かないとプロジェクトのコメント欄には、「頑張って下さい!」というメッセージが表示されます。(^_^;)

プロジェクトページには、このコメント欄の他に、「新着情報」というタブが付いてます。

ここは、プロジェクト運営者がブログのように情報を発信できます。

私も毎日のように書いていますので、ぜひ読んで頂ければと思います。

※「お気に入り」ボタンを押すと、更新通知も届くようです。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly